東京の質屋を利用して

東京に住んでいた時、急にお金が必要になる。

貯金だけでは賄えないし、銀行のローンは事情があって組めない。

そうなると消費者金融から借金をしようと考える。

しかし金利が高く返済も出来るかどうか不安になる。

収入が安定していたら問題ないのだが、職業上収入に波があるので計画が組めないのが現実だ。

色々と考えながら東京の街を歩いていると、質屋が目に入る。

質屋なら物を担保にお金を借りられる。

そう思いつき、質屋に入れる物を探す。

幸いにして家には貴金属はある。

昔、貴金属の積み立てや、宝飾品を集めてた事があったのだ。

積み立てはとっくの昔に解約して現金にしたが、宝飾品はタンスの置くに眠ったままだ。

何十年ぶりにタンスから出してきた宝飾品は、良い輝きを失っていなかった。

これでやっとお金を借りられると思い質屋に持って行く。

質屋では初めて見る宝飾品にびっくりして、どこで手に入れたかなど、世間話に花が咲いた。

質屋はこちらの事情をくんでくれて、高めに値段を出してくれた。

こちらにしたら十分な金額だったのですぐ了解した。

これで必要なお金は用立てたので一安心した。

現金を持っているのが一番良いが、貴金属にして持っているのも一つの手だなと改めて思った。